×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


自分にあった広告スタイルを選び、無理なくブログを更新する


商品が売れなくても報酬が発生するタイプの広告があります


無理なくブログを更新するためにも、自分にあったスタイルの広告を選びましょう


 |  Home  |  |  ネフローゼ症候群を知る |  |  ネフローゼ症候群と向き合う |  |  お薦めの書籍&食品  |  |  BLOG  |

 自分にあった広告スタイルを選び、無理なくブログを更新する


≫広告を載せておくだけで報酬が発生するタイプの併用




ここまで[ブログの立ち上げからASPとの提携]から[企業広告を選びブログに広告を掲載する]までを図解で紹介してきました



アフィリエイトには[品物が売れた時に報酬を受け取る]タイプの他にも色々なスタイルがあります


新聞や雑誌のように
[ブログに広告を載せるだけで広告料が発生]する放置型のものもあれば

[ブログに広告を載せ、その広告がクリックされると広告料が発生]する、いわゆるクリック型もあります



管理人がおすすめするのは[毎日楽しんでブログを更新する事が収入に繋がる]

というスタイルを選ぶのが無理なく長続きすると思います



管理人が見本として作成したブログは一転突破型でNIRVANAに特化したブログなので、

集まったNIRVANAファンがグッズを購入したくなるようにブログでCDやグッズを紹介しています



いつかオススメするグッズがネタ切れするかもしれませんが、

その他にも売り上げに直結しないけれども趣味先行でブログを更新するネタ(アイデア)が沢山あるので、

ブログを更新し続ける事が苦痛になりません


この[売り上げに直結しないけれども、NIRVANAファンが楽しみに見に来てくれるブログを作る]のが無理なく長続きする秘訣です




≫最悪のパターンを紹介します



ブログを立ち上げました

ASPとの提携も済みました

「さぁ、なにを売ろう(紹介しよう)かなぁ」

「お!これ(知識も興味もない広告)報酬高い!これにしよっと!」

適当に選んだ広告をブログに掲載

広告に対する知識や興味がないのでブログで紹介できない、ただ貼り付けておしまい

いつまでたっても品物が売れない、うれないどころかクリックすらされない

そのうちブログを更新する意味がわからなくなってくる

ブログ放置、終了




≫楽しく更新しつつ、目的の[副収入]に繋げる



管理人が推奨するのは

ブログを立ち上げます

ASPと提携を結ぶ

紹介したい(書きたい)ブログの中身(ジャンル)を考える

好きな音楽、映画、グルメ、笑えるネタ日記etc


ジャンルに適した広告を掲載する

その広告に対しての思い入れや情報をブログで紹介

売れなくても、好きで(趣味)やっているのでブログを更新し続ける事が出来る



ただこれだけでは売り上げ(副収入)にはつながりません


趣味が充実しただけでは意味がありません


この頁はブログを更新して副収入を得るのが目的です



そこで役立つのが[広告を載せておくだけで報酬が発生]するタイプの併用です




忍者AdMax

[忍者AdMax]

[広告を掲載する]の頁で紹介した手順と同じで、

広告URLをフリーエリアに貼り付けるだけで自動的にブログに広告が配信されるようになります


広告がクリックされると報酬が発生するタイプです


最大の特徴は、この広告は[見ている人によって全く違う広告が配信されている]という点でしょう


たとえば料理が好きで、パソコンで料理のサイトをよく見ている人には料理の広告が配信され

ネットゲームが好きな人にはネットゲームの広告が配信されているので

ブログを見に来た人が100人いたら、その100人それぞれが興味をもっている広告が配信されているので

自分のブログに集客力があればそれだけ広告をクリックしてもらえる可能性が高まります





[ADgger]

品物が売れなくても、広告がクリックされなくても、決められた期間ブログに広告を掲載するだけで報酬が発生します

[貼るだけで報酬獲得]ですが、ブログに対する審査があります

ブログ審査=ブログランク

最低ランクだと1つの広告を掲載すると→3ヶ月広告を掲載して30円の報酬です


貼った後はほったらかしですが、貼るまでに企業の審査を待ったり、3ヶ月は絶対に広告を載せなければなりません


もうお気づきでしょうが

最低ブログランクで3ヶ月も広告を載せておいて30円です

1ヶ月10円の広告を貼ってワクワクするでしょうか?


アドガーでは、質が高いブログをお持ちのブロガー様に、より多くの報酬をお支払いしております。

質が高いブログとは、ファン(読者数)やアクセスが多く、検索エンジンにヒットしやすいブログのことを言います。
アドガーでは、ブログの質を「AdggerRank(アドガーランク)」という独自の指標をもとにブログを評価しております。


アドガーランクを上げるには?

アドガーランクを上げるには、人と検索エンジンに好まれるブログに成長させる必要があります。
面白い記事がいっぱいあり、更新頻度が高いブログほど、ファン(読者数)が多くなり人に人気があるブログになります。
また、他のサイトからリンクをいっぱい受けているブログほど検索エンジンに好まれやすいブログになります。
ファン(読者数)が多いブログであれば、自然とリンクが増えていくはずですので、アドガーランクを上げる一番の秘訣は「ファン(読者数)を増やす」ということになります。




すでに集客力(来訪者数)が高いブログをもっている方にはアドガーは有効だと思いますが

これからブログをスタートさせる人には忍者AdMaxの方が操作も簡単ですし

アドガーよりも効率は絶対に高いです


忍者AdMax

・貼り付けておくだけで広告を自動配信

・クリックされると報酬獲得

・貼り付け(設置)が簡単



管理人が実践(アフィリエイト)しているブログはこちらですhttp://4416dosanko.blog.fc2.com/

CDやDVD、グッズなどを購入してもらえるように更新していく予定です

[買え買えブログ]にならないように、NIRVANAについて管理人が知っている情報も紹介して楽しみながら更新していこうと思います




ブログに広告を載せて収入を得る

≫手順どおりに進めるだけで、ネットで収入を得る土台が出来上がるように紹介しています



なるべく自分が好きなことや、ブログを書き続けても苦にならないテーマを見つけてください



step1:ブログを立ち上げる

step2:ブログ記事を数件書く(広告会社の審査対策)

step3:広告会社(ASP)と提携する

step4:ブログに広告を載せる

step5:自分にあった広告スタイルを選び、無理なくブログを更新する




管理人お薦めの書籍・食品の紹介 powered by amazon.co.jp



ご本人&身の回りの方々が直面する毎日の食事をどう楽しく摂り続けるか?

管理人お薦めの書籍と食品の紹介
毎日頭を悩まさずにスムーズ&楽しく食事作りがしたい方にお薦めの書籍や、管理人が実際に購入して『これは良い!』と感動した調味料や食品を紹介しています

≫退院したその日から始まる毎日の食事作り 
食事療法が始まった序盤では食べ物に含まれるタンパク量や調味料の塩分に戸惑う場面が多々あります。1年365日朝昼晩の毎日の食事がストレスにならな...(続きを読む)


【塩分 たんぱく 低塩 減塩 無塩 腎臓病の食事】といったキーワードで検索すると色々と見つかりやすいです

*一部に家族会議にて却下された商品に対する未練で掲載されている商品があります(笑)



サイト管理人 獅子十六 北海道在住


2009年に突然[微小変化型ネフローゼ]を発病し
3ヶ月の入院を経験する。

退院後職場復帰するもわずか1年足らずでステロイド剤の副作用により右足の付け根を骨折する
[大腿骨頭壊死症]を発症

障害者手帳や特定疾患をフル活用し人工関節
の手術に踏み切るが、その1年後に今度は左足が壊死しまたしても足を引きずる...続きを読む


≫≫Blog 獅子十六の[ネフローゼに負けるな!]

≫≫入院日記 入院中の日記をついに公開

≫≫サイトポリシー ゼッタイ笑って生きる!!!



スポンサードリンク
≫ネフローゼ症候群を知る ≫ネフローゼと向き合う [PR]毎月の診察費や薬代を少しでも稼ぎたい...

正式にはネフローゼ症候群と呼ばれる腎臓の病気の総称です。大変優秀なフィルターである腎臓がエラーをおこし過度の尿たんぱくになり、身体とくに...>>MORE

長期間に及ぶステロイド剤の服用による大小様々な副作用や、毎日欠かすことの出来ない食事の献立作りに便利な食品交換表という書籍を使ったメニュ...>>MORE
PR

≫腎臓の役割

≫ネフローゼ症候群??

≫原因は?

≫どう治すの?

≫完治するの?

≫どう付き合っていくの?

更新履歴

≫食事療法について

≫食品交換表を使った腎臓病食の摂り方

≫調味料の使い方と塩分含有量について

≫非推奨(笑)管理人流食事法

≫ネフローゼの食事メニューとレシピ

≫外出先で気になる塩分やタンパク、 カロリーを携帯電話でチェック

⇒買出し編(QRコードも掲載)

⇒外食編(QRコードも掲載)

--ステロイド編--
医師が語らない副作用(デメリット)を認識しておく



back top page